忍者ブログ
http://micrometer.blog.shinobi.jp/
忍足侑士が好きです
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新予定
HN:
ちぃ
性別:
女性
趣味:
侑士と脳内デート
自己紹介:
・12/9 マギオンリー
カメコ
最新コメント
[10/04 ちぃ]
[07/27 圭]
[03/22 ち]
[03/08 えみお]
[03/04 ち]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アナライズ
[844] [841] [845] [840] [839] [838] [842] [843] [835] [834] [833]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


えー・・・
久しぶりの日記がコスプレと関係ないことでほんま自分何やねんって感じですが

本日、公開日に実写版のヤマトを観に行ってきましたー!
ちょうど仕事も休みで東宝さんが割引Dayだったり梅田に出る用事があったりと、まるで示し合わせたかのように条件がそろっていたわけで(笑)

でも、観てきてほんっとーに良かった!!!!!
ボロ泣きしたwwwメイク溶けたけどそんなのかまってらんない!
10年近く前のアルマゲドンと似たものを感じたわ、けどそこは邦楽映画。
ダイナミックな中にも繊細さを感じてスッと感情移入できました。
ガンダム、マクロス、アルマゲドン、この3つのうちどれか一つにでも引っかかるなら、心おきなくお勧めー!!

SPACE BATTLESHIP ヤマト

以下、感想と少しネタバレ含みますので注意



感想を一言でいっちゃうと、
あと2~3回くらいお金出して観てもぜんぜん構わない!です!(笑)

最初に断っておくけど、わたしはアニメオリジナルをリアルタイムで知らないし、再放送すらきちんと見たことがありません。
でもヤマトというアニメの存在や、主人公以上に名の知れている彼の有名なテーマ曲なら意識しないでもいつのまにか知っていました、・・・・・それはドラえもんのように(笑)
てかさ、これって実はものすごいことだと思うんだけど。

で、なんで今回観に行ったかっていうと、上で少し述べたように条件(笑)が揃っていたこと、斉藤工が出演すること、あとは前宣伝効果かな(笑)
宣伝しているのを観て面白そうだなぁと。

そしたら想像以上だった・・・!!!
まず映像美とCGのすごさに圧倒されたわ。
アニメ好きだから最近の日本のCG技術のすごさは知ってたつもりだけど、実写+CGってこんなにリアリティのあるものなの!?本気ですごいんだけどwww
ヤマトが初発進するときなんて地下から岩壁なんかを割りながらぐわーって出てくるんだけど(笑)かっこよすぎてちょっと鳥肌たったwww
いま書いてて思い出したけど、劇場版マクロスFの時VFX担当してる人が「リアリティにはCGだけじゃ無理だ、手書きコンテと合わせるから見ている側に違和感なく魅せることができる」的なことを話してたのを思い出した。
今回の映画も、生身とCGがコラボしてるからすごくリアルに感じたのかなぁ。

で、あとは構成。
すごくよく出来てると思う、ちょっとスピーディな感が否めなくもないけど、そのぶん観る側に飽きを感じさせないしすごくドキドキした。
時間の決められている映画ならではだよねー、だらだらしてなくてわたしは好きだわ。
映画を見た後、オリジナルを少し調べたんだけど、オリジナルを大切に大事な要素を織り込みつつ、実写版独自の内容も組み合わせてうまく仕上げてるなぁと感じました。
きちんとした形のオリジナルを知らないわたしだからすんなり受け入れられたのかもしれないけど、オリジナルファンの人はどう感じたんだろうか。
たぶん製作者側もそこはすごく心配してるんじゃないかな、裏切りたくは無いって言ってたし(笑)

で、曲!これもよかったー!!
今回の主題歌ってスティーブン・タイラーだったのねwwwどうりで最後何かとデジャブると思ったらwwwアルマゲドンかwwwww
ささきいさおさんのヤマトの主題歌は使うのかどうか気になったんだけど、うまく編曲して効果的に流してたよね。あれが流れるとワクワクするの私だけじゃないはずwwww

キャスティングも豪華で、声優まで豪華、まぢ本気度がうかがえるってもんや。
アナライザー、イスカンダル、デスラーの声がアニメオリジナルのままと知ってこっそり感動しました。
アニメ好きから言うと、こういったサプライズはかなり嬉しいはず。
古代に木村拓哉さんでしたが、当初ファンでもなんでもないからwまた知名度でSMAP使えば良いと思って・・・・とか思っててすみません。←
映画を観てなんで木村さんにオファーが来たのかなんだか納得してもうた。
オリジナルでは10代だそうですが、あんな役は10代の俳優じゃとても無理・・・つーか古代が10代と聞いてビックしたっていうwwwwでもよくよく考えると他のアニメも10代が主人公やもんなぁ・・・けど艦長代理が10代^p^
オリジナル古代と比べてどうかは私にはなんとも言えませんが、実写ヤマトの古代としてはとてもはまり役だと思いました。
他キャストも、すごく良かった。
きっちりパンフまで買いましたけどwww読んでみたら現場はすごく雰囲気が良かったようで、しかもヤマトファンも多く携わっていたみたい、だからこの力の入れようなのかなぁとか。



今回初めてまともにヤマトに触れましたが、映画全体からすごく「マクロス」と「ガンダム」を感じました。
かつて両作品の監督以下スタッフが「ヤマトを観て育った」と話していたことを今日初めて実感した気がする。
宇宙、戦艦、戦闘機、異生体、地球の危機、愛・・・・なんかもう、いろんなものから日本の宇宙アニメってここが原点なんだなぁって感じた。
マクロスとかもろにヤマトの原型受け継いでるよね、古代が乗るコスモゼロ機が変形できるってわかったとき密かに感動したwwwwバルギリーだわ!!ww
アナライザーってガンダムで言うところのハロだったりするよねwww
戦艦に移民船団、異生体wwwもうこの異生体のありかたがまんまマクロスで!!www
愛をテーマの一つに置いているところも似てるよね。
ガンダムはどっちかっていうと人間vs人間模様だけど、一番最新のダブルオーなんかは異生体相手だったりしてたし笑
とかもー、考えるほどヤマトすげぇ!って話ですよ。
わたし元々ロボアニメや宇宙アニメ好きで、特にガンダムは小さな子供のころから見ていたし、マクロスも最初は苦手意識あったけどフロンティアからハマってしまってそれ以前に作られたシリーズも見なおした。
世代でいうとエヴァ世代だけど、エヴァの原点もきっとヤマトやマクロス・ガンダムなんだろな、聞かなくても分かる^p^
まぁ、エヴァはまた抽象的で難しかったけど^p^
エヴァも当時はかなりの社会現象になって、今でもファンは多いしその影響を受けていそうなアニメもちらほらあったし(ラーゼフォンとか)・・・・

なんか改めて日本のアニメーション業界ってすごいなwwww
端のものから表に出ない同人業界まで広げたらいったいどこまで深いんだろうってほんま感心するわ。
日本に生まれてよかった(笑)
さまざまな素敵な作品に、しかもこんな近くで触れ合えるなんてすごいことだよね。

拍手

PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ Micrometer ] All Rights Reserved.